« April 2009 | Main | June 2009 »

May 13, 2009

Nostalgia - The approach & landing Kai Tak Airport

再生回数からすると航空機マニアにはよく知られた動画のようだが、Youtubeで見つけた香港のKai Tak Airport(啓徳機場、正式名称は香港国際機場。1998年7月5日に閉鎖)へのアプローチと着陸(世に謂われる「香港カーヴ」)をコクピットから撮影したヴィデオのご紹介。

かつて香港出張やヨーロッパへのトランジット(こちらはもっぱら休暇)の際、Kai Takにはよく降り立ったことがある。「香港カーヴ」(正式には”VHHH IGS Approach RWY13・VHHH Visual Approach RWY13”。VHHHとはKai Takの当時のICAOコードでRWY13とは滑走路13という意味で、「香港国際空港(Kai Tak)13番滑走路への計器誘導および有視界飛行による着陸」ということになる)はこの空港へ着陸する際の北西側からのルート中に存在していた。当時のKai TakにはILS(Instrument Landing System:計器着陸装置)に相当するIGS(Instrumental Guidance System)が設置されおり、着陸する航空機はこのIGSの誘導の下に”ビーコンヒル”の赤白のチェッカーボード(上のヴィデオの03:14~24で画面左側に確認できる)を目指して降下し、パイロットはここでIGSを解除(つまりマニュアルで操縦)し機体を約47度右に傾けて135度右急旋回をして滑走路に進入する。着陸寸前のこの急旋回が香港カーヴ(英語ではHong Kong Approachと呼ばれていた)と言われていた。この「香港カーヴ」のためKai Takはパイロット泣かせの難着陸空港として有名であったが、国際線パイロットをしている友人から「カトマンズのトリブバン空港(山が迫った高地の盆地に存在)の方が嫌だ」と聞いた記憶がある。

このヴィデオを撮影したコクピットはCX(Cathay Pacific Airways、國泰航空)のB747-400である。当時のKai Takをハブ空港としていたCathayのパイロットはこの香港カーブで操縦の技量を磨いたと言われており、航空機愛好家(ヒコーキ・ヲタク)によれば他社のパイロットに比べ右旋回時には大胆により大きな角度で機体を傾け滑走路への最終アプローチで大きく戻すことによって、かえって安定した着陸を行っていたということである。

何故か日本のエアライナーとの相性があまりよくなかったため、出張・休暇に係わらず海外渡航するときは殆ど外国の航空会社を利用していた。ヨーロッパであれば9.11の影響で倒産に追い込まれた旧Swiss Air(消滅したSRで現在のLXと略称されるCross Airを母体としたSwiss Internationalではない)、アジアではCathay Pacificが個人的に好ましいエアラインであった。今となってはどうでもよいことだが、機内食の食後のサーヴィスとしてナチュラル・チーズとグレープ、ポートワイン、グランマニエール、コアントローなどが用意されており、香港をベースとしていても尾翼にユニオン・ジャックを掲げたエアラインであると感心したことがある(当時の日本のエアライナーでは期待すべくもなかった)。

Cathayは香港・台湾出張、そして休暇を取ってヨーロッパにオペラを聴きに行く際によく利用していた。当時成田発のヨーロッパへの夜行便(日本の夜出発して早朝に現地に到着)は唯一Air Franceみが運行していたが、Cathayで成田を夕方香港に向けて出発するとCathayをはじめとして殆どのヨーロッパ主要都市へのノン・ストップの夜行便にコネクションすることが出来た。

Cathayといえば、かつてTVCFでBarry White & Love Unlimited Orchestraの”Love's Theme”を使っていた時期があった。90年代初頭まで、機内にボーディング後離陸するまでの間、FAがパッセンジャーに”Champagne or Orange Juice?”と尋ねながらウェルカム・ドリンクを配っていた際にこの”Love's Theme”がバックグラウンド・ミュージックとして流れていた。


恐らく機体のカラーリングが変わる前に売却されていたロッキードL1011 Tristar(00:32、かつてよく搭乗していた)が懐かしい。初めて「赤」を採用したFAのユニフォーム(02:17、1962-69まで採用)もエスニックでノスタルジックな良い雰囲気を醸し出している。70年代半ばからはピエール・バルマン、エルメス、ニナ・リッチ、エディー・ラウと世界でも一流のデザイナー・ブランドが採用された。Kai Takの手前にある”ビーコンヒル”の赤白のチェッカーボードも上のヴィデオより一層はっきりと確認できる(00:58と03:08の画面右下)。

Roy FarrellとSydney de Kantzowの2人がCathay設立当時所有していた唯一の機体であったDC-3(00:25、1942年6月4日ダグラスC-47として誕生し、Cathay設立時にDC-3に改装され”Betsy”という愛称で呼ばれ1946-55まで就航。その後Mandated Air Lines of Papua New Guineaで1955-63、Ansett M.A.L.で1963-70、Ansett Papua New Guineaの貨物機として1970-73、Bush Pilots AirwaysとAir Queenslandでの貨物機という遍歴を経て1983年にCathay Pacificに返却された。現在では尖沙咀東の香港歴史博物館に隣接した香港科学館に展示されている。01:26)や”Betsy”の僚機ともいえるDC-3の2号機”Niki”のレプリカ(00:37)、Cathayがオペレーションに絡んでいたAir BurmaのC-47(01:01、何故か機首に鉤十字マークが・・・!?)の写真を見ることができる。

B747などの大型旅客機の場合、時として航行があまりに安定しており飛行機に乗っている感覚に乏しいことがあるが、流石にこの香港カーブでは大型機とはいえやはり飛行機であることを実感させてくれたものである。よくビルの谷間を縫っての着陸などと言われたものであるが、それは恐らく地上から見上げた印象であってヴィデオを見ればそれは現実ではなかったことが分かると思う。しかし右窓側の座席で初めてこの香港カーヴを体験した際、九龍仔公園の人の顔が見えた(ように感じた)ときには流石にビックリした記憶がある。風向きによって全く逆の南東側からのルートで着陸する際には当然このカーヴを通過することはなかった(この場合は31番滑走路への着陸ということになっていた)。

Kai Tak Airportは1925年1月24日から、Chek Lap Kok International Airport(赤鱲角國際機場。建設に6年の歳月と200億ドルの巨費が投入された。)が開港するまでの70余年に渡って香港の世界への窓口の役割を果たしていた。Kai TakのIATA(HKG)およびICAO(VHHH)の空港コードはそのまま新空港に引き継がれている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 10, 2009

Photo Album - Practice matches before the midterm examination

kieo_high_logo2塾高野球部の前期中間試験オフの直前にアウェー(遠征)で行われた練習試合。日吉台とは違う角度で写真を撮ることができたのでご紹介。


≪2009/05/10 練習試合@アウェー≫

20090510-PICT0058

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2009

The Door into Summer

kieo_high_logo2今更ながらの話題であるが、雨天延期で行われた春季神奈川大会準々決勝で桐光学園と対戦した塾高野球部は延長戦に持ち込むも1-2で惜敗した。詳しい試合展開に関してはここでは触れない。これに関してはポポさんのがんがれ日記の観戦記のエントリをご覧になればお分かり頂けると思う。

試合が終わってから「ベンチ入り25人中20人の選手を使い夏への大きな手応えと収穫を得た」、「塾高は甲子園が全てになってしまった(春季大会を軽視している?)」、「勝利に賭ける執念が相手の方が数段上だった」といった試合運びに関するベンチワークやチームに関することから、応援する姿勢に関することなど”To the Victory”の掲示板に色々な意見が書き込まれていた。

しかし、選抜から帰ってから何度か日吉台に足を運び普段の練習を観ていたためか、個人的には全く異なる想いを持ってこの試合を観戦していた。確かに夏に向けての戦略的な選手起用という側面は否定しないが、それ以上に強く感じたことは練習でスキルを向上した選手や好調な選手が先発・途中出場は別にしてこの試合で起用されていたことである。このことは塾高野球部にとっては試合に勝利することと同じくらい非常に重要なことだと思っている。

昨年の秋のように公式戦が続くと必然的にベンチ入りを含めて試合に出場できる選手は限られてくる。特に選抜出場が懸かっていた関東大会や秋とはいえ92年振りの日本一を目指した明治神宮大会ともなると尚更なことであろう。事実、上田さんは昨秋のチームの快進撃の際にベンチに入れなかった選手たちから「チームは勝ち続けているが自分たちはちっとも面白くない」と訴えられたと語っておられた。確かに昨年夏の甲子園出場の影響で新チーム結成が例年より大幅に遅れ、しかも秋季大会前の不順な天候のため練習はおろかベンチ入り選手選考に充分な時間を割くことが出来なかったことを原因とした不満であろうことは容易に想像がつく。しかし、夏→春の連続出場とは如何に大変な事であるかは外から見ていても実感することができた

選抜での敗戦を教訓として大幅なコンヴァートを断行し慣れないポジションをこなしながらの謂わば「試運転」の状態で臨んだ春季大会であったが、ベスト8で選手権大会の第2シード獲得は個人的には上出来の結果だったと思っている。夏に向けての大きな成果と感じられたのは、単に準々決勝戦で多くの選手を起用できたことではなく、練習や練習試合においてメジャー・マイナーの選手が良い意味で頻繁に入れ替わりチームの活性化が図られたことである。結果的には敗戦してしまったが、準々決勝戦でもその効果の一端を垣間見ることができた。

現時点でも未だ克服すべき課題を抱えたチームであるとは思うが、夏に向けて急ピッチで仕上げに入っていくものと期待される。選手権大会まで既に100日を切っているが、各々の部員の皆さん(特に3年生)には先ずベンチ入りという「夏への扉」を通過すべく全力で頑張って頂きたい。そして、グラウンドでプレイするメンバーが決まってからはベンチの内外を問わず全員の力を結集して甲子園出場というもっと大きくて重い「夏への扉」をこじ開けて欲しいものである。

P.S.
1年生部員の皆さんは、学業における「夏への扉」ともいえる塾高での初めての定期試験である前期中間試験においては心おきなく野球が出来る成績をとることが肝要であることは言うまでもない。


≪準々決勝戦フォトアルバム(4月29日@大和引地台球場)≫

PICT0045


≪2009/05/03 マイナー練習試合@日吉台≫

20090503-PICT0376


≪2009/05/05 練習試合@日吉台ー1≫

20090505-PICT0021


≪2009/05/05 練習試合@日吉台ー2≫

20090505-PICT0233

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »