« Last practice matches for the Spring Tournament | Main | The Door into Summer »

April 19, 2009

Spring has come!

kieo_high_logo2なんとも陳腐なタイトルで失礼。要するに、選抜の初戦では塾高野球部はまだ春を迎えていなかった・・・(と思うことにしよう)。春季県大会3回戦と4回戦、本格的な春到来を感じさせてくれた塾高野球部であった。

塾高@2009春季神奈川県大会3回戦

≪3回戦フォトアルバム(4月18日@俣野球場)≫

PICT0098
(260枚)


横須賀総合 000 000 000| 0
慶應義塾  001 111 00X| 4

塾高先発

6 佐藤旭
7 渡邊暁
8 荒川
3 植田
1 白村
5 瀧本
9 春山
2 橘
4 杉山

先発の白村くんは6回までパーフェクト・ピッチングを展開し、9回は明くんにマウンドを譲ったがエラーと四球でランナーを出したもののノーヒット無失点のほぼ完璧なピッチングを披露した。

先取点は3回裏、春山くんのセンター前ヒット・二盗、橘くんの犠打で1死3塁での杉山くんのセカンドゴロの間に生還という足で稼いだ1点だった。

4回裏、先頭打者の荒川くんがショートへの内野安打で出塁するが牽制で挟殺され、植田くんもセカンドゴロに倒れ2死ランナー無しと厭なムードが漂ったのだが、白村くんのライト前ヒットに瀧本くんがレフト前ヒットと繋ぎ、2死1・2塁のチャンスで春山くんのライト・センター間へのタイムリー2塁打で1点追加した。

その後も5回裏に旭くんのセンター前ヒットで二盗後に暁眞くんのセンター前タイムリーと、6回裏に白村くんの見事なセンター越え3塁打を瀧本くんのレフト越えのタイムリー2塁打で1点づつ加点した。

選抜の時と比較して打順の変更は勿論のこと、先発の守備ポジションも4つ変わった上田さん曰くの「痛みを伴う大手術」を施した塾高野球部、公式戦とはいえ未だ試運転の段階であろうが上々の滑り出しを見せてくれた。

塾高ベンチ入りメンバー

1 白村
2 橘
3 植田
4 廣瀬
5 瀧本
6 佐藤旭
7 渡邊暁
8 荒川
9 春山
10 明
11 鮎澤
12 森本
13 岩田
14 杉山
15 金田
16 高野
17 宮下
18 藤本
19 宇髙
20 今西
21 市村
22 堀
23 富永
24 前田
25 佐藤達


塾高@2009春季神奈川県大会4回戦

≪4回戦フォトアルバム(4月19日@保土ヶ谷球場)≫

PICT0188
(270枚)


川崎北  000 010 | 1
慶應義塾 004 142x|11

6 佐藤旭
7 渡邊暁
8 荒川
5 谷田
3 植田
1 白村
9 堀
2 橘
4 杉山

前日の3回戦に続いて白村くんが先発登板。先発「ライト堀」くんは昨年の神宮大会決勝戦と同様でいわゆる「偵察」だったようで、1回表の守備から藤本くんに交代した。

先ず4回戦で注目すべきは1年生の野手の谷田成吾くんと投手の三宮舜くんがベンチ入りしたことである。谷田くんはスタメンでサード、しかも四番に据えられた。流石に塾高応援席からは驚きの歓声が湧き上がったのだが、個人的には4月初めからの練習や練習試合で谷田くんのバッティングも守備も観ていたので「それもアリだろう」とさほど吃驚はしなかった。裏を返して言えば、谷田くんは新1年生とはいえ、それが充分務まる能力と大きな可能性を持っているということである。練習試合ではあるが彼は既にスタンドインの当たりを打っている。

6回でコールド勝利とならなければ、やはり新1年生の三宮くんの登板のチャンスがあったようだが、これは次の機会のお楽しみに取っておこう。実は塾高野球部の新1年生にはこの2人以外にも素晴らしい選手たちが控えている。前日の3回戦でも1年生のベンチ入りを期待していたのだが、学校行事参加のためそれは実現できなかったようである。

そして公式戦に初出場を果たしホームランを放った藤本くんであるが、以前から練習試合ではホームランを含む大きな当たりを打った実績を持っておりこれは決して偶然の出来事ではない。2年生にもこれまで公式戦未出場ではあるが外野手を中心に大型のスラッガー・クラッチヒッターの選手が何人も控えており、この試合ではその中の1人である藤本くんが抜擢に応えて結果を出したわけである。

この試合で公式戦初出場を果たした選手たちは謂わば「氷山の一角」とも言える存在で、現在の塾高野球部は単に部員数が多いというだけではなく選手層も非常に厚いといえる。これは公式戦しかご覧になれない方には残念ながら実感はできないであろうが。

試合の展開は前日に引き続いて白村くんの好投と12安打と相手失策が絡んでの打線の活躍で6回コールド勝利を収めた。谷田くんもタイムリー2塁打を含む3安打4打点と大活躍をした。この試合の勝利で塾高は夏の選手権大会の第2シードを確定した。

日頃の実績に基づいてのことではあろうが、この試合では上田さんの選手起用が見事に結果に結びついた。特に、相手投手交代に合わせて前打席でホームランを打った藤本くんを春山くんに躊躇なく代えたところは流石であった(藤本くんには気の毒なことではあったが・・・)。

さて次の準々決勝戦の桐光学園との対戦ではどんなサプライズが用意されているかが非常に楽しみである(個人的にはさほどの驚きはないとは思うが)。

塾高ベンチ入りメンバー(3回戦から変更)

15 谷田 in ; 金田 out
23 三宮 in ; 富永 out


|

« Last practice matches for the Spring Tournament | Main | The Door into Summer »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/44765610

Listed below are links to weblogs that reference Spring has come!:

« Last practice matches for the Spring Tournament | Main | The Door into Summer »