« June 2007 | Main | December 2007 »

July 21, 2007

2007 Road to Koshien - Episode 2

kieo_high_logo2塾高の3回戦は保土ヶ谷球場での第1試合であったが雨天のスケジュール変更のため第2試合となり、12時5分に試合が開始された。


慶應義塾 010 000 400 | 5
大和南  100 000 010 | 2

対戦相手はサイド・スローの好投手佐々木くんを擁する大和南。昨年夏の選手権大会ではY校を破り5回戦に駒を進めた初戦の桜丘に引き続き公立実力校の一つである。

塾高先発
9 内藤⑲
8 矢島⑦
4 山﨑
2 伊場
7 田中聡⑰
3 宮本
6 千々和
1 田村
5 細江

≪1回表≫
内藤くんライトフライ、矢島くん三振、山﨑くんライトフライと三者凡退。

≪1回裏≫
ファーストへの内野ゴロを田村くんのベースカヴァーが遅れ、先頭打者が内野安打。次打者のバント処理を田村くんと細江くんが譲り合い内野安打。1塁走者ががら空きになったサードベースを狙って走るが細江くんが駆け込んでタッチアウトとし1死1塁。田村くんはその後三振を獲るも暴投で2死2塁とし、レフトへの飛球を田中聡くんがグラブに当てるが捕球できずタイムリー2塁打となる。次打者をショートゴロに打ち取りチェンジ。記録上のエラーにはならなかったが、立ち上がりの守備の乱れを突かれ先制点を許した。。

≪2回表≫
先頭の伊場くんがライト・センター間二塁打を放つが、田中くんがピッチャーゴロで1死2塁。宮本くんがライト前ヒットで1死1・3塁とチャンスを拡げる。千々和くんはスクイズを試みるがファウルをし、結局ショートゴロの間にサードの伊場くんが生還し同点。田村くんはショートゴロ倒れる。

≪2回裏≫
田村くんは1回の立ち上がり守備の乱れ(自らも)を突かれ1点を献上したが、この回は3者連続三振。

≪3回表≫
細江くんサードゴロ、内藤くんセンターフライであっけなく2アウト。矢島くんのレフト前ヒット、山崎くんデッドボール、伊場くんは敬遠気味の四球で2死満塁。期待された田中は三振。

≪3回裏≫
田村くんはサードゴロ、三振、三振と2回裏に続き三者凡退に退ける。

≪4回表≫
宮本くんサードライナー、千々和くんショートゴロ、田村くんライト前ヒット、細江くんライトフライ。

≪4回裏≫
セカンドゴロ、サードへのファウルフライ、ファーストゴロとこの回も三者凡退

≪5回表≫
内藤くんショートゴロ、矢島くんライトフライ、山﨑くんレフトフライと1回に続く三者凡退。

≪5回裏≫
先頭打者のライトオヴァーか?という飛球を内藤くんがナイスキャッチ!その後ファーストへのファウルフライ、ファーストゴロ。内藤くんのファインプレイは大きい。

≪6回表≫
伊場くんはまともに勝負してもらえずストレートの四球。田中くんはバントを失敗しピッチャーフライで、セカンドに向かっていた伊場くんは戻れずダブルプレイ。宮本くんはピッチャーゴロ

≪6回裏≫
塾高の守備はレフト田中くんに代わって溝口くんがセンターに、センターの矢島くんがレフトに回る。先頭打者ピッチャーゴロの後、次打者がサードへのセーフティーバンを試みるが細江くんの見事なダッシュでファーストでアウト。田村くんは四球も出すが牽制で刺す。膠着した試合が動きだす予兆が・・・。

≪7回表≫
先頭打者の千々和くんがレフト前ヒット。田村くんはバント失敗しサードへのファウルフライでちょっと厭なムードが漂う。続く細江くんのライト前の当たりは、ヒット&エンドランで1死1・3塁でチャンスが拡がる。内藤くんがキャッチャーへのファウルフライに倒れ2死1・3塁。矢島くんの代打で登場した野俣くんは四球で2死満塁。山﨑くんの打球はセンターオーヴァーの走者一掃のタイムリー2塁打!続く伊場くんの当たりは詰まり気味が幸いしてライト前にタイムリーヒットで山﨑くんも生還。2死1塁での溝口くんは三振に倒れる。この回待望の4得点でこの試合で初めてリードした。

≪7回裏≫
塾高の守備は代打野俣くんがライトに入り、内藤くんがレフトに回る。リードした直後、田村くんは三振、セカンドライナー×2と三者凡退に討ち取る。山﨑くんもナイスプレイ!

≪8回表≫
先頭打者の宮本くんピッチャーゴロ、、千々和くんのセーフティバントはピッチャーフライとなり、田村くんはライトフライとダメ押し点が欲しいところだが三者凡退。

≪8回裏≫
先頭打者を三振に討ち取るが、ライト前ヒットとレフト、前ヒットで1死1・2塁となる。セカンド・ゴロを2塁フォースアウトで2死1・3塁。ライト前タイムリーを打たれ1失点。ランナー無警戒でダブル・スティールを決められ2死2・3塁とされるが、バッターを三振に討ち取る。田村くんはマウンドを駆け下りながら渾身のガッツポーズ!

≪9回表≫
細江くんはピッチャーゴロ、内藤くんがレフト前ヒットを放つが、野俣くんはピッチャーライナーでダブルプレイ。3点差で最後の守備に。

≪9回裏≫
先頭打者に四球。ライトライナーの後、ワイルド・ピッチで1死2塁に。サードゴロの間で2死3塁となるが、ラストバッターを三振に討ち取りゲイムセット。

初戦(2回戦)に続き対戦相手は有力公立校のチームで、固い守備と打球の飛んだ方向の不運なことも相まって塾高打線は勝機を掴むのに少々苦労した3回戦であったがバッティングの質は確実の上向きになっている。敢えて贅沢を言わせてもらえば、8回か9回にダメ押しの点が欲しかったが…。

守備に関しては1回表の集中力に欠いたミスを突かれ先制を許したがそれ以外は大きな破綻もなく、5回裏の内藤くんの好捕は試合の流れをこちらに引き寄せる切っ掛けとなったナイスプレイであった。田村くんも終盤こそ打球を外野に運ばれたが、ほぼ完調の出来映えの投球内容であった。

次の4回戦は、やはり好投手を擁するそのユニで野球ができるのが今年が最後の久里浜高校。火曜日の21世紀になってからの厭なジンクスを破るチャンスを得るためにも月曜日の相模原球場では全力で”Enjoy Baseball”を。

他のシード校が大量点差コールドで勝ち上がっていることなど、全く気にする必要はない。塾高野球部、あなた方は「挑戦者」なのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2007

Recollections - 2007/07/18

kieo_high_logo2塾高初戦(2回戦)で撮った写真をアップロードしました。


2007/07/18 2回戦対桜丘高校@平塚球場

写真のダウンロードの方法は1枚目の写真のコメント欄を参照してください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2007

2007 Road to Koshien - Episode 1

kieo_high_logo2本来15日に行われる予定だった塾高野球部の初戦(2回戦)は颱風や梅雨の影響で結局今日18日の平塚球場での第1試合となった。


桜   丘 012 000 000 | 3
慶應義塾 200 000 02X | 4

対戦相手は'99選手権神奈川大会で決勝戦に駒を進めたこともあり、近年も実績を残している公立実力校の一つである横浜の桜丘。2回戦とはいえ、そう簡単に勝てる相手ではないと予想していたのだが・・・。

塾高先発

9 内藤⑲
7 矢島
4 山﨑
2 伊場
3 宮本
8 溝口
6 千々和
1 只野⑩
5 細江

≪1回表≫
只野くんは1アウトから四球を出すも、ダブルプレイで切りぬけ無難な立ち上がり。

≪1回裏≫
内藤くんのライト前ヒットを矢島くんがバントで送り1死2塁。山﨑くんのレフト前ヒットで1死1・3塁。伊場くんは四球を選んで1死満塁に。宮本くんのショートゴロで2塁封殺の間に内藤くんが生還し先制点。2死1・3塁で溝口くんのセンター前ヒットで1点追加。千々和くんサードゴロでチャンジ。

≪2回表≫
討ち取ったかに見えたアンラッキーな内野安打2本とライト前ヒットで1失点。死球で2死満塁となるもファースト・ゴロで凌ぐ。

≪2回裏≫
只野くんが受けた死球を細江くんがバントで送り1死2塁。内藤くんのセカンドゴロで2死3塁。矢島くんサードゴロ。

≪3回表≫
先頭打者をショートゴロで討ち取ったが、ライトオヴァーの2塁打とレフト前ヒット1死1・3塁となる。三振を奪うが、四球で満塁。レフト前ヒットで2失点。2死1・3塁でピッチャーは田村くんに交代。期待通り三振でチェンジ。この回3対2と逆転される。

≪3回裏≫
山﨑くんのセンターフライの後、伊場くんがレフト前ヒット。宮本くんの打ったゴロをサードがトンネルし1死1・2塁。溝口くんのキャッチャーゴロで2死2・3塁。千々和くんはピッチャーゴロで同点・逆転のチャンスを逃す。

≪4回表≫
田村くんはレフトフライ、三振、ショートフライと三者凡退に抑える。

≪4回裏≫
田村くんがレフトセンター間に2塁打を放つ。細江くんのバントは当たりが強すぎ、サードでアウトとなり1死1塁。内藤くんはセンターフライに倒れるが、矢島くんがレフト前ヒットで2死1・2塁とするも、山﨑くんはショート・ゴロ。

≪5回表≫
ピッチャーゴロ、サードゴロ、キャッチャー・ファウル・フライと4回に続き三者凡退に退ける。

≪5回裏≫
伊場くんレフトフライ、宮本くんセカンドゴロで簡単に2アウトとなるが、溝口くんが死球を受け、千々和くんがセンター前ヒットで2死1・2塁に。田村くんのレフト前ヒットで溝口くんがホームへ突入したがタッチアウト!

≪6回表≫
二連続三振とサードゴロでこの回も三者凡退。

≪6回裏≫
細江くん、内藤くん、矢島くんと全てショートゴロに倒れ、この試合初めての三者凡退を喫する。

≪7回表≫
セカンドへの内野安打で、田村くんは代わってから初めての走者を許す。ピッチャーフライをダッシュしてダイビング・キャッチ!その後ライトフライと三振に討ち取る。

≪7回裏≫
山﨑くんレフトフライのあと伊場くんは四球を選ぶ。宮本くんのサードゴロの間に2死2塁。溝口くんセカンドへフライを打ち上げる。1点差が重くのしかかって来て、ちょっと厭なムードが漂う。(正直言って、現在大学4年生のチーム@横浜スタジアムの試合とか、明日の新聞の見たくもない見出しとかが頭をよぎっていた・・・)

≪8回表≫
先頭打者にライト前ヒット、バントで送られ1死2塁。その後三振とセカンドフライ。

≪8回裏≫
千々和くんライト前ヒットで田村くんはバントを試みるが結局レフトフライで1死1塁。細江くんの代打田中聡くんがライトセンター間を破る2塁打で1死2・3塁に!斎藤伊久磨くんが田中くんの代走。内藤くんがセンター前タイムリーヒットで同点とし1死1・3塁に!矢島くんのセンターフライは浅かったのでサードランナー斎藤くんはタッチアップできずそのまま2死1・3塁。山﨑くんのライト前タイムリーヒットで逆転!!2死1・3塁で伊場くんはサードゴロで更なる追加点はならず。

≪9回表≫
代走した齋藤伊久磨に代わってサードに齋藤雄太くんが入る。田村くん初四球を出すが、次打者のバントが小フライとなり宮本くんがダイビング・キャッチ!三振の間に盗塁され2死2塁。ラストバッターを三振に仕留めゲイム・セット。

天候不良のためではあるが2度順延された初戦であり、相手が公立の有力校ということで厭な予感があったのだが、上記の通りの辛勝であった。2回表の失点は不運な内野安打2本が絡んでいたが、只野くんの投球は全般に高めに浮き、特に2ストライク後の高めの球を外野に運ばれていた。

1点ビハインドで登板した田村くんはいきなり三振でチェンジとし、7回1/3を投げ2安打無失点、8奪三振と全く危なげない投球内容であった。田村くんの7回表ピッチャー・フライのダイビング・キャッチは宮本くんの闘志あふれるプレイとともに、この夏塾高野球部が掲げた「らしく」ないキャッチ・フレーズの「根性」を見せてくれたプレイであった。

バッティングにおいては、同点・逆転打を打った内藤くん・山﨑くんの殊勲を認めるのは当たり前だが、そのお膳立てをした千々和くん、そして代打で登場し2塁打を放った田中聡くんに花丸を進呈したい。

初戦快勝という訳には行かなかったが、夏の選手権大会は内容よりも勝ち上がることが何よりも重要である。10点差も1点差も勝ちには変わりないのだから。(観ている方はハラハラするけど・・・)

厳しい展開ではあったのだが、スタンドから時々覗いてみた塾高のベンチはいつも同様に明るかったのが何よりの救いだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2007

Royal Highness

著名人、特にオペラ歌手・映画スター・政治家などの名前を冠して作出されたバラは数多く存在する。その中でも最も対象となっているのが、ロイヤル・ファミリーの人々である。QueenXXXX、PrincessXXXXといった名称を冠した品種の何と多いことか。日本の皇室においても、妃殿下・内親王殿下と呼ばれる方々に献呈されたバラの品種もある。

この「殿下」という名称を持つバラは特定の王族・皇族に対して命名されたものではない。ただ、花や葉の形や色と全体のバランス、どれをとっても「殿下」という名に相応しい優雅な気品を備えた名花といえる。但し、香りは殆どない。この”Royal Highness”は発表後、数々のアワードを受賞しており、現在でもコンテスト出品用品種の一つとして人気を保っている。

王室を持たないアメリカで作出された品種であるが、敢えてイメージすれば映画「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーン演じたところのアン王女といったところだろうか?(オードリー・ヘップバーンという名称を持つバラも別に存在している。)

【Royal Highness】
Bred in United States (1962) by Herbert C. Swim

Pict0032
Pict0038
Pict0043


Peace_roseこのRoyal Highnessの片方の親にあたるのが、フランスのフランシス・メイヤンによって第2次世界大戦中に作出され、1945年4月29日のベルリン陥落の日にアメリカで発表された有名な”Peace”(但し、これは流通名で品種としての正式名称は”Madame A. Meilland”)である。同年10月25日にサン・フランシスコで開催された国際連合の発足会議において、参集した各国の代表にこの”Peace”が贈呈された。1976年、”Peace”は世界のバラの殿堂入り第1号(World Federation of Rose Societies, Hall of Fame)という栄誉に輝いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

Le Champion du Monde de l'escrime

kieo_high_logo2部員が126名の塾高硬式野球部は体連(体育団体連盟)でも最大級のクラブであるが、塾高には高校の部活動としては非常に珍しいクラブが幾つも存在している。現在どの程度の部員数がいるかは分からないが、バドミントン部・馬術部・ボクシング部・フェンシング部・ゴルフ部・ホッケー部・自動車部・重量挙部・航空部・レスリング部・水泳部(水球、遠泳、飛び込み)・スケート部フィギュア・相撲部・端艇部(ボート)・ヨット部・合気道部・射撃部・洋弓部(アーチェリー)・日本拳法部・ラクロス部・少林寺拳法部など、一般的にはマイナーと見なされているスポーツ種目のクラブが塾體育會各部と連携を取りながら活動を続けている。

15日に今年の選手権神奈川大会での初戦を迎える塾高野球部は45年振りの夏の甲子園出場を目指しているのであるが、その目標はもっと大きなもので日吉台球場のライト側に掲げられた大きなバナーの「KEIO日本一」、即ち全国制覇である。

Miyake_4ところで、先に紹介したクラブの中で団体競技ではないが、野球部が目指す日本一はおろか世界チャンピオンになった選手がいる。フェンシング部の三宅諒くん(2年)はこの4月にトルコのベレクで開催されたジュニア&カデ世界選手権のU-17にあたる男子フルーレ・カデにおいて優勝し金メダルを獲得した。最後のポイントがヴィデオによる判定という劇的勝利だったそうである。さらに、三宅くんは7月初めにカザフスタンのアルマトイで開催されたアジア・ジュニア&カデ選手権のフルーレ・カデとジュニア(U-20)の双方を制覇し2冠を達成した。遡ってこの1月のイタリアでのワールドカップ・ジュニア7位入賞や国内でのJOCカップ(U-17)での優勝が高く評価され、三宅くんは4月の世界選手権出場前に塾高1年生としては異例の塾長賞の表彰を受けている。

Fencing_miyake彼は塾高入学以前、小学生の頃からその才能の頭角を現していたそうで既に国際試合の経験も豊富とのこと。元フェンサーの知人がいるので、かなり以前ではあるが何度かフェンシングの試合を観戦したことがある。幅の狭いピット上での剣先を合わせる金属的な音と対峙するフェンサーの気合いと素早い動きは剣道とはまた違った迫力を感じたことを覚えている。残念ながらこれまで三宅くんの試合に接したことがないのだが、機会があれば彼のサウスポーの鮮やかな剣捌きを観てみたいものである。年齢の関係で選考対象となる試合での獲得ポイントの問題で北京オリンピックへの出場は難しそうであるが、2012年のロンドン五輪までは更なる研鑽を積むための充分な時間がある。

彼の活躍の影響で、塾高は下よりSFCや普通部のフェンシング部も大いに活性化されているそうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2007

The principle of KEIO Baseball

kieo_high_logo2何故、塾高野球部・塾野球部を応援しているのか?勿論自分の母校であるということが最大の理由であることは間違いないが、実はそれだけではない。

私は野球に限らずどんなレヴェルであろうがスポーツという行為の基本は「遊び」と考えている。ただ、我が国では明治期に導入されたベースボールという一つの気晴らしの遊びに武道の精神を注入し換骨奪胎して出来上がったのが「野球道」で、正に「和魂洋才」の典型と言える。

この「野球道」の家元といえる存在の一つが早稲田大学野球部であり、現在でもこの影響を色濃く受けているのが高校野球であり、これが我が国のトップレヴェルの野球でも本流となっている。

塾高野球部90年代最強の実績を誇った47回生のチーム(現西武ライオンズの佐藤友亮くんや明治安田生命の吉田翼くんが2年生として在籍しており、95年夏の選手権神奈川大会では決勝戦まで駒を進め甲子園まであと1歩と迫った)が春季大会で準優勝し、関東大会2回戦で対戦した浦和学院の選手に「俺らは遊びで野球をやっているんじゃねえ(、だからお前たちには負けられない)」と言われた際、ある塾高の選手が「野球は遊びだろ」と言い返したと言われている。その真偽のほどは分からないがこれが塾高野球を端的に表す逸話である。

この試合は延長10回3対2で塾高が勝利した。

塾野球部において現在でも最高の戦績をあげておられた前田祐吉元監督が自分が監督として最も誇れることは「部員を全員卒業させたこと」であり「監督は学生が授業を受ける権利を奪うことはできない」、「学生野球とは学生が野球をやっているのであって、その逆ではない」と仰っておられる。

さらに前田さんは野球の本質とは関係のない球場に出入りする際の礼や守備位置との往復の全力疾走など必要ないとも言われている。監督時代に不必要な声出しをする部員を「うるさい、静かにしろ」と嗜めたそうである。

このような、「遊びの精神」を慶應野球が根本に持ち続ける限り、スタイルがどう変化しようが私は応援し続けるであろう。選手から笑顔が出ない野球の試合など私は殆ど観る価値を感じられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2007

Play and Enjoy Baseball

kieo_high_logo2選手権神奈川大会開幕1週間前、塾高の初戦の2週間前にあたる去る7月1日に、塾高野球部3年生のマイナー・チーム30人が横浜創学館と練習試合を金沢文庫の創学館グラウンドで行った。

現時点でのマイナー・チームの3年生ということは、夏の大会のベンチ入りを果たせなかった部員たちで、高校野球の公式戦における選手としては既に引退したことを意味している。対外練習試合としてはこれが彼らにとって引退試合となった。ただ、17~18歳の野球少年達には「引退」という言葉は似合わないし、事実対戦相手の創学館の選手も含めて全員真剣に溌剌とプレイしていた。

塾高が先制するも8回裏に逆転され、9回2アウトから再逆転、その裏に1点差まで迫られるという試合展開の激戦を制した。プレイしている本人達は勿論のこと観衆も充分に楽しませてもらった。この試合のMVP&MIPはベンチから「ジャ○○○!」と声が掛かっていた辻くんであろう。選手権大会を前にして言うのなんであるが、この試合を観戦して塾高野球の基本はやはり「野球は遊び」であると確信した次第。

塾高體育會で硬式野球部と並ぶ大所帯のアメリカンフットボール・塾高ユニコーンズの試合を観戦する際、そのスポーツとしてのフォーマットが全く異なっているにしても、野球と比べ試合に出場できる選手の数の違いに関して常に想いがよぎる。確かに野球は高度に分業化したアメフトとは違うので、ベンチ入り100人・交代無制限は無理としても、せめてベンチ入り人数をもっと増やすとか、試合毎にメンバーの入れ替えを可能にするなど現在の高校野球の仕組みを変えていく必要を強く感じる。正直言って、現在の高校野球とアメフトでは部員全体のチームへの直接的な参加意識が異なってくるのは事実であろう。

この現状に色々な想いはあると思うが、彼らはこの試合を一つの区切りとして、これからは45年振りの夏の甲子園を目指すチームのサポートという重要な役割を担うことになる。このチームが1日でも長く試合を続けるためにはグラウンドの選手だけではなく彼らの力が必要なのである。真の意味でのチーム・ワークが問われるのはこれからである。

塾野球部を目指す選手、この試合がグラウンドでグレーのKユニを着ることが最後になる選手、将来のプランは様々であろうが先ずは来春は全員無事進学すること!人生において無駄なことは何一つない。

最後に対戦の相手をしてもらい、グラウンドを提供して頂いた横浜創学館野球部に感謝。

P.S.
相変わらず腕前は全く進歩していなが、当日はかなりの枚数を写真を撮っており、RAWから現像終了後に後日纏めてアップロードする予定。選手・保護者の方をはじめとした関係者の皆さんは乞うご期待!?(アップロード完了時点で塾高野球部オフィシャル・サイトのBBSにその旨のお知らせする予定)

【追記@2007.07.05】

当日撮影した写真のうち、試合前のアップの光景をまずを以下のアルバムにアップロードしました。試合中に撮った写真は近日中に追加します。

【追記@2007.07.08】

試合終了後のシーンも含めて全ての写真のアップロードが完了しました。アルバムの各写真にコメントを付けて頂くこともできますのでよろしくお願いします。

2007/07/01 対横浜創学館@釜利谷グラウンド

写真のダウンロードの方法は1枚目の写真のコメント欄を参照してください。

PICT0112

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | December 2007 »