« After the 2006 autumn season of the Tokyo Big 6 | Main | No principles, a wandering organization »

November 25, 2006

Notice of the 18th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra

年末恒例行事の一つ?ともいえる塾高吹奏楽部の定期演奏会が来月末に迫ってきたのでお知らせします。

昨年に比べると(春のセンバツ甲子園、選手権神奈川大会決勝戦、クリスマス・ボウルなど)今年は野球部、アメフト部を始めとするスタンドでの応援演奏の機会が充分にあったとは言いづらいし、吹奏楽部自身のコンクールで受けた評価も不本意なもので、その分部員諸兄の定演に懸ける意気込み如何ばかりか?

ということで、塾高吹奏楽部からお知らせ頂いた今年の定期演奏会の要領は以下の通り。


【慶應義塾高等学校 第18回定期演奏会のお知らせ】

日時:2006年12月27日(水) 16:30開場、17:00開演
場所:めぐろパーシモンホール 大ホール
アクセス:東急東横線 都立大学駅より徒歩7分
東急バス(渋谷駅、目黒駅などから) 「めぐろ区民キャンパス」下車すぐ
※駐車場は駐車台数に限りがございますので、ご来館には公共交通機関をご利用ください。

曲目:・交響組曲第2番「GR」より (天野正道作曲)
    ・マゼランの未知なる大陸への挑戦 (樽屋雅徳作曲)
    ・AERODYNAMICS (ギリングハム作曲)
    ・ポップス・ステージ
    ・応援アトラクション 他
   ☆今回は、新企画を企画しています。その内容は当日までのお楽しみです!

お問い合わせ:khwo_teien@yahoo.co.jp(定演実行委員会)
部ホームページ:http://www.music.ne.jp/~khwo/

何かご質問等があれば、上記問い合わせ先までどうぞ。


純粋な吹奏楽ファンは勿論のこと、塾高野球部を始めとした大舞台での応援には應援指導部とともに欠くことできない吹奏楽部の年に1度の晴れ舞台、部外者ながら多くの皆さんのご来場を期待しています。

昨年の演奏会の様子は以下をご参照下さい。

The 17th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra

|

« After the 2006 autumn season of the Tokyo Big 6 | Main | No principles, a wandering organization »

Comments

お久しぶりです。先日大学応援指導部定期演奏会の際にはお世話になりました。そして後輩達の演奏会のPRをして下さり、ありがとうございます。
私も今回の定期演奏会には参加いたします。演奏曲自体は私はこれまでの吹奏楽生活の中で3回目なのですが、なぜかたまに間違えてます(笑)しかし、指導している高校の生徒や、過去に指導していた中学校の生徒も来るそうなので、「先生」として恥ずかしくない演奏をするのに必死であり、いまは久々に顔を会わせた先輩、同期、後輩との時間を楽しむほどの余裕もありませんが(笑)、頑張りたいと思います。
先輩も当日はぜひいらっしゃって下さい。お待ちいたしております。

Posted by: Takaki | December 09, 2006 at 08:59 PM

Takakiさん、

三田祭では「カレーうどん」をどうも(^^ゞ。

27日の定演、吹奏楽としては直球勝負ともいえるまるでコンクールの課題曲みたいな選曲ですね(^_^)v。

楽しみに聴きに伺います。

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | December 12, 2006 at 01:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/12812004

Listed below are links to weblogs that reference Notice of the 18th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra:

« After the 2006 autumn season of the Tokyo Big 6 | Main | No principles, a wandering organization »