« Vicissitudes are the lot of man | Main | Giving out of Gratitude »

June 24, 2006

You ain't seen nothin' yet


Fifa2006FIFA World Cup Gerrmay 2006での決勝トーナメントに進出する全てのチームが決定した。ジーコ・ジャパンの予選敗退で我が国のW杯熱は一気に冷めそうな気配もあるが、その昔西ドイツvs.オランダの決勝戦から観ていた店主の場合、W杯の「お楽しみはこれからだ!」と言いたい。(尤も、当時は日本のW杯出場など100年はあり得ないと思っていたのだが・・・)

決勝トーナメントに進出したチームは

Group A:ドイツエクアドルポーランドコスタリカ
Group B:イングランドスウェーデンパラグアイトリニダードトバゴ
Group C:アルゼンチンオランダコートジボワールセルビア・モンテネグロ
Group D:ポルトガルメキシコアンゴライラン
Group E:イタリアガーナチェコアメリカ
Group F:ブラジルオーストラリアクロアチア日本
Group G:スイスフランス韓国トーゴ
Group H:スペインウクライナチュニジアサウジアラビア

後出しジャンケンで恐縮ではあるが、個人的にはほぼ予想通りの決勝トーナメント進出メンバーであった。最も意外だったのは、チェコの敗退とガーナの突破であった。ブラジルとアルゼンチンは別格として、やはり開催地と同じ大陸のチームが有利であるという伝統は続いている。ただ、フランスの長期低落傾向に歯止めは掛かっていない。今回出場枠が4.5あったアジアからは結局予選突破はゼロで、恐らく次回の南ア大会ではオーストラリアがAFCに転籍するにしても実質的にこの数が削減されると思われる。いつもその驚異的身体能力の高さが喧伝されるアフリカ勢も恒例のW杯出場報奨金の揉め事が原因してか結局決勝トーナメントに進出したのは初出場のガーナのみであった。

予選リーグの試合を全て観たわけではないが、最も魅了されたのは(甚だ素人っぽくて恐縮だが)対セルビア・モンテネグロ戦でのアルゼンチン・チームである。特に2点目の緩急をつけたパスを25本繋いでのゴールは見事としか言いようがない。トップレヴェルの攻撃力を持つチームにしては、守備に対する意識も格別に高いものを持っており予選時点では攻守のバランスの最も高いレヴェルを有するチームといえよう。但し、予選からトップ・ギアに入れているチームが必ずしも決勝トーナメントで勝ち進めるとは限らないのがW杯である。その意味ではブラジルとイングランドは「予選」の戦いを順調にこなしたように思われる。特にブラジルは決勝トーナメントを前に対日本戦が絶好のプラクティスとなってしまった。

決勝トーナメントではブラジル、アルゼンチン、イングランドなどが勝ち上げっていきそうな気がするのだが、個人的には発展途上のチームとはいえ開催国ドイツに頑張ってもらいたいと期待している。(いつも評判倒れのスペインや今回は少々粗いところもあるがオランダも魅力的なチームである。)

残念ながら、0勝1分2敗でGroup Fの最下位で予選敗退してしまったジーコ率いるサムライ・ブルーの我がジャパン・チームであるが、これまでに天恵ともいえる「ツキ」を全て使い果たし現在の実力相応の結果が出たといえよう。以前から、弊blogではジーコの試合での采配には疑問を投げかけていたのだが、今回のW杯でのパフォーマンスを見る限り敗因は監督の采配だけではなくもっと根が深いモノとあると考えざるを得ない。これに関しては、いづれ別のエントリで考察してみたい。

だた、W杯と日本サッカーの歴史を摺り合わせてみれば、たった3回目の出場での予選敗退で悲観的になる必要など全くない。「日本サッカーは後退した」というブラッターのおっさんの発言など全く無視して構わない!W杯出場では遙かに先輩格の韓国チームが幾度世界の壁に跳ね返されたことか?前回の成績は両国ともに、開催国アドヴァンテージの僥倖を享受した結果である。タイトルの”You ain't seen nothin' yet”は、これからのFIFA World Cup Gerrmay 2006の決勝トーナメントと日本サッカーの将来へのダブル・ミーニングのつもりである。



|

« Vicissitudes are the lot of man | Main | Giving out of Gratitude »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/10657182

Listed below are links to weblogs that reference You ain't seen nothin' yet:

» ニッポンvsブラジル。早朝に見た甘美な夢 [CLASSICA - What's New!]
●ニッポンはこの試合、少なくとも2点差以上で勝たなければ決勝トーナメントはない。しかし勝点計算以上に、ワールドカップでブラジルを倒すことに、夢物語ではなく [Read More]

Tracked on June 24, 2006 at 07:34 PM

« Vicissitudes are the lot of man | Main | Giving out of Gratitude »