« March 2006 | Main | July 2006 »

June 24, 2006

You ain't seen nothin' yet


Fifa2006FIFA World Cup Gerrmay 2006での決勝トーナメントに進出する全てのチームが決定した。ジーコ・ジャパンの予選敗退で我が国のW杯熱は一気に冷めそうな気配もあるが、その昔西ドイツvs.オランダの決勝戦から観ていた店主の場合、W杯の「お楽しみはこれからだ!」と言いたい。(尤も、当時は日本のW杯出場など100年はあり得ないと思っていたのだが・・・)

決勝トーナメントに進出したチームは

Group A:ドイツエクアドルポーランドコスタリカ
Group B:イングランドスウェーデンパラグアイトリニダードトバゴ
Group C:アルゼンチンオランダコートジボワールセルビア・モンテネグロ
Group D:ポルトガルメキシコアンゴライラン
Group E:イタリアガーナチェコアメリカ
Group F:ブラジルオーストラリアクロアチア日本
Group G:スイスフランス韓国トーゴ
Group H:スペインウクライナチュニジアサウジアラビア

後出しジャンケンで恐縮ではあるが、個人的にはほぼ予想通りの決勝トーナメント進出メンバーであった。最も意外だったのは、チェコの敗退とガーナの突破であった。ブラジルとアルゼンチンは別格として、やはり開催地と同じ大陸のチームが有利であるという伝統は続いている。ただ、フランスの長期低落傾向に歯止めは掛かっていない。今回出場枠が4.5あったアジアからは結局予選突破はゼロで、恐らく次回の南ア大会ではオーストラリアがAFCに転籍するにしても実質的にこの数が削減されると思われる。いつもその驚異的身体能力の高さが喧伝されるアフリカ勢も恒例のW杯出場報奨金の揉め事が原因してか結局決勝トーナメントに進出したのは初出場のガーナのみであった。

予選リーグの試合を全て観たわけではないが、最も魅了されたのは(甚だ素人っぽくて恐縮だが)対セルビア・モンテネグロ戦でのアルゼンチン・チームである。特に2点目の緩急をつけたパスを25本繋いでのゴールは見事としか言いようがない。トップレヴェルの攻撃力を持つチームにしては、守備に対する意識も格別に高いものを持っており予選時点では攻守のバランスの最も高いレヴェルを有するチームといえよう。但し、予選からトップ・ギアに入れているチームが必ずしも決勝トーナメントで勝ち進めるとは限らないのがW杯である。その意味ではブラジルとイングランドは「予選」の戦いを順調にこなしたように思われる。特にブラジルは決勝トーナメントを前に対日本戦が絶好のプラクティスとなってしまった。

決勝トーナメントではブラジル、アルゼンチン、イングランドなどが勝ち上げっていきそうな気がするのだが、個人的には発展途上のチームとはいえ開催国ドイツに頑張ってもらいたいと期待している。(いつも評判倒れのスペインや今回は少々粗いところもあるがオランダも魅力的なチームである。)

残念ながら、0勝1分2敗でGroup Fの最下位で予選敗退してしまったジーコ率いるサムライ・ブルーの我がジャパン・チームであるが、これまでに天恵ともいえる「ツキ」を全て使い果たし現在の実力相応の結果が出たといえよう。以前から、弊blogではジーコの試合での采配には疑問を投げかけていたのだが、今回のW杯でのパフォーマンスを見る限り敗因は監督の采配だけではなくもっと根が深いモノとあると考えざるを得ない。これに関しては、いづれ別のエントリで考察してみたい。

だた、W杯と日本サッカーの歴史を摺り合わせてみれば、たった3回目の出場での予選敗退で悲観的になる必要など全くない。「日本サッカーは後退した」というブラッターのおっさんの発言など全く無視して構わない!W杯出場では遙かに先輩格の韓国チームが幾度世界の壁に跳ね返されたことか?前回の成績は両国ともに、開催国アドヴァンテージの僥倖を享受した結果である。タイトルの”You ain't seen nothin' yet”は、これからのFIFA World Cup Gerrmay 2006の決勝トーナメントと日本サッカーの将来へのダブル・ミーニングのつもりである。



| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 23, 2006

Vicissitudes are the lot of man

3月28日以来の更新となってしまい、その間にご訪問頂いた皆さまには誠に申し訳なく、度々の更新の中断を謹んでここにお詫び申し上げます。個人的な事情なので詳しくは触れないが、誰でも人生で1度や2度は経験するイヴェントを仕切らざるを得ない羽目に陥っていた、とだけ申し上げておく。とは言いながらも、神奈川の春季大会に出場を果たした塾高野球部の試合は3位決定戦を含めて全て観戦することが出来た。、昨年の選手権神奈川大会以来、新チーム結成後も塾高野球部の公式戦観戦の連続記録(あくまでも個人的なもの)は途切れていない。

復帰第一弾のエントリとして何を?と思案していたのだが、昨年末に購入しやっと手に馴染んできたデジタル一眼レフ(DSLR)をご紹介したい。一年以上前に大した腕前も無いにのにDSLRへの物欲に関するエントリ「Worldly desires」を綴り貴重なコメントも頂戴したのだが、結局選択したのはSonyにカメラ事業を丸ごと譲渡したコニカミノルタの最後の作品ともいえる「α Sweet DIGITAL」である。Sonyに事業譲渡と同時に廃止機種となってしまって何を今更の感もあるのだがご容赦頂きたい。

この「α Sweet DIGITAL」を選んだ理由は、

1.自分の腕前・予算・デジカメ自身未だ発展途上の製品カテゴリ・・・、などの理由で現時点では所謂ハイエンド機種は選択しづらい。
2.ミノルタのαレンズを数本持っているのでそれがそのまま利用できる。(但し、焦点距離はフルサイズ銀塩カメラに比べ、1.5倍する必要がある)
3.一般人にとってデジカメの必須機能と思われる「手ぶれ防止」機構がレンズではなく、ボディ本体に組み込まれている。(従って、全てのレンズでこの「手ぶれ防止」が享受できる。)
4.DSLRの入門価格帯の製品にしては、「定食メニュー」以外の機能がかなり充実している。

などである。

Pict000601_1この中では、個人的にミノルタのレンズが好きだったので、αレンズの互換性が決め手になった。絞りを開放したときの、ミノルタ・レンズのシャープさとボケの対比の美しさ・鮮やかさは比類のないものがある。好みの問題ではあるが、とりわけ85mmF1.4 Gはあのカール・ツァイスのレンズを描写力を凌ぐ性能があると確信している。以前は手を出すのを躊躇していたAFレフレックス500mmF8のレンズをこのα Sweet DIGITALを入手してから、その「手ぶれ防止」機能を頼りにスポーツ写真を撮ることを目的に手に入れた。このレンズはα Sweet DIGITAL(CCDはAPSサイズ)では換算で750mm相当となり、使えるシーンは限られるが何とか手持ちでも使用することができる。

Sonyが開発の人材も含めてコニカ・ミノルタのデジカメ事業を引き継ぎ、ミノルタ・ユーザからその動向が注目されていたが、この7月21日にα Sweet DIGITALの後継機種となる「α100」を発売することを決定している。未だ実機に触れたとはないのだが、α100は画素数1,020万(α Sweet DIGITAL:610万)、Dレンジオプティマイザー機能(撮影シーンの画像状況を自動的に判断し、コントラストや露出レベルを自動補正)を搭載した新たに開発された画像処理エンジン「Bionz」、手ぶれ補正機能にさらにCCDにホコリが付着しにくくするアンチ・ダスト機能が追加された。カメラを構えるとオートフォーカスシステムを起動させることができる「アイスタートAFシステム」(ピント合わせのためにシャッターボタンを半押しする必要がない)、液晶モニタの画素数が22.5万(αSD:11.5万)、バッテリのフル充電で750コマ(αSD:550コマ)、40分割ハニカムパターン測光(αSD:14分割)など細かい改良が施されており、α Sweet DIGITALの持っていた機能はほぼ引き継がれているようである。(但し、ISO感度設定は1600までで、αSDの3200は省かれている)

事業譲渡時に廃止となっていたαレンズも順次発売される模様であり、以前からSonyが採用していたカール・ツァイス・レンズの一部がαマウント仕様となって発売される。非常に残念なのは、これまでコストパフォーマンスが高かったαレンズの希望小売価格がかなり値上げされたことである。

ボディ・デザインはハッキリ言って「Sony」らしさは全く感じられないが、それがかえってミノルタ・ファンにとっては受け容れられやすいのかもしれない。個人的にはこのα100にそそられる機能がないわけでもないが、しばらくは現在のα Sweet DIGITALを使い続けるつもりである。ただ、現在αレンズをお持ちで、デジタル一眼レフを検討されている方にとってはこのα100は「買い」と言っても良いと思われる。(あくまでも、スペック上の話であるが)

以前から飽和状態となっているデジカメ市場であり、ベンダの優勝劣敗(the survival of the fittest)がはっきりとしており、唯一このDSLRのセグメントが成長している。銀塩カメラ時代からの一眼レフの老舗(ニコン、キヤノンなど)と家電メーカからの新規参入組(Sony、松下など)との今後のシェア争いが注目される。収益率が高いと言われているセグメントではあるが、その製品の性格上Hit & Runという戦術では成功は全く覚束ないことも事実であろう。




| | Comments (4) | TrackBack (1)

« March 2006 | Main | July 2006 »