« The 17th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra | Main | STICK Bowl VI ~ Kanagawa vs. Tokyo A »

January 08, 2006

Nuovo Cinema Paradiso

松の内も終わり、いまさら「おめでとうございます」でもないのだが、今年も擬藤岡屋日記をよろしくお願い申し上げます。

用事があって「日曜日の銀座」に全くの久し振りに出かけ見ると、なんと中央通りは未だ「歩行者天国」(死語?)だったので、ちょっと吃驚。用事が済んでから和光の裏通りを歩いていると、シネスイッチ銀座で「ニュー・シネマ・パラダイス」がリヴァイヴァル上映されいることを発見。初公開時(1989年)このシネスイッチ銀座で単館上映での記録を打ち立てた作品である。この「ニュー・シネマ・パラダイス」、これまでにも何度か観たことはあるのだが映画館での経験はない。夕方からは特に予定もなかったので、遅い昼食を済ませてから暗闇の空間へ。連休のためか、館内は予想したよりも混んでいた。

この「ニュー・シネマ・パラダイス」は監督であるシチリア出身のジュゼッペ・トルナトーレが恐らくは自らは体験していない時代まで遡って描いた、リュミエール兄弟のシネマトグラフが有料公開(1895年)されて以来1世紀近くの歴史を刻んできた映画に対するオマージュともいえる作品である。映画そのものを扱った作品といえば個人的にはフランソワ・トリュフォーの「アメリカの夜」が思い浮かぶのだが、これは制作サイドから描いたものであり、トルナトーレは映画がシチリアの片田舎でも娯楽の王者として君臨していた時代を「観る側」の視点でこの「ニュー・シネマ・パラダイス」を仕立て上げている。

斬新な手法は全く用いてはいないが、これまで映画が培ってきた作劇術を駆使した落ち着いた作品になっている。この映画には第二次世界大戦後のシチリアの田舎の様子など知る由もない人間にも、ある種の既視感を覚えるようなノスタルジックな雰囲気が溢れている。デジタル・リマスターされたということでエンニオ・モリコーネの音楽への期待を持っていたのだが、映画館でよく出くわすスピーカの音割れが度々ありちょっと興ざめだった。

CGを駆使したハリウッド映画とは違った意味で、この「ニュー・シネマ・パラダイス」は映画館の暗闇の中で観るに相応しい作品である。正月明け、偶然ではあるが心の温度が上がる映画に出会えてちょっと得した気分になった。




|

« The 17th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra | Main | STICK Bowl VI ~ Kanagawa vs. Tokyo A »

Comments

トラックバックありがとうございました!

音割れひどかったですよね。
特に、映画館内のシーンとか。
あれはかなり耳ざわりでした。

暗闇の中でも涙で輝くトト目が見れたのが印象に残っています。

Posted by: 柴田 | January 10, 2006 at 03:29 AM

柴田さま

コメント&TBありがとうございました。

あの音響は興ざめでしたが、個人的には映画館の暗闇のなかで観ることができたので満足はしています。

この映画実際には何度も観ているので、細部に目が行くようになっています。今回はあんなシチリアの田舎の映画館にも拘わらず、2階席がオペラハウスのバルコニー風になっていたことに気づきました。

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | January 10, 2006 at 10:09 AM

トラックバックありがとうございます!
大阪でも上映していることを地元から帰ってきて知りまして、何とか観にいきたいな~と思っています。
音響は覚悟しつつも、やっぱり劇場で観たいですよね。

Posted by: mio | January 11, 2006 at 05:27 PM

今年もよろしくお願いいたします。

その昔、「この映画のどこが良いのか分からない」と言ったBFと分かれた、という女性がいましたが、当然だと思ったものです。さらに昔、「Westside story」が分からん、という人に会ったことがあります。
誰それ(例えばR.Strauss !?)の音楽が分からんという人はまだ許せるのですが、映画は許せない気がするのはなぜなんでしょう。

Posted by: だぽ. | January 11, 2006 at 05:55 PM

mioさま

コメントありがとうございます。

この映画は、映画館で観るべき映画ですね

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | January 11, 2006 at 06:35 PM

たぽ.さま

今年もよろしくお願いします。

シュトラウスが分かんねぇ?一応ニコニコと笑ってスルーしますが、心の中では・・・。

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | January 11, 2006 at 06:38 PM

はじめまして。TBありがとうございます。
シネスィッチでのリヴァイバル上映、羨ましいです。
やはりこの作品は劇場で観ないといけませんよね。
特にあのラストシーンは最高です。

Posted by: Bono | January 13, 2006 at 12:36 AM

Bonoさま

コメント&TBありがとうございます。

完全版(ディレクターズ・カット?)は賛否両論あるようですね。
個人的には鑑賞者の想像力にまかせる劇場公開版の方が、
良いのでは?と思っています。

これからもよろしくお願いします。

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | January 13, 2006 at 11:04 AM

はじめまして。先日はT/Bありがとうございました。お返事が遅れてしまってごめんなさい。
シネスイッチでご覧になられたのですね。博多でも先日やっと再上映が始まったところです。
>心の温度が上がる映画
ホントにそうですよね。大切な映画は、やっぱり映画館で観たいものです。私も今回の全国的な企画にとても喜んでいます。ラスト・シーンは、映画館で観ると格別!こちらからもT/Bさせて頂きました。
今後ともヨロシクお願いいたします。

Posted by: Carolita | January 29, 2006 at 09:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/8074741

Listed below are links to weblogs that reference Nuovo Cinema Paradiso:

» 「ニュー・シネマ・パラダイス デジタル・リマスター版」梅田ガーデンシネマ [YUKKOのI LOVE MOVIES]
1989年に東京で公開されて史上空前の40週間ロングランを果たしたイタリアの感動映画。1990年のアカデミー賞外国映画賞も受賞しています。多くの人が自分の好きな映画に挙げている作品ですが、私は実際に一度も見ていません。(公開された頃、子育て真っ最中でした)ようやく....... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 07:14 PM

» ニュー・シネマ・パラダイス【デジタル・リマスタリー版】 [yukonのつれづれなるままに2006]
今年最初の映画!! 実は観たこと無かったんです。 ベタな表現ですけど、心温まるいい映画でした。トトって愛称カワイイね。 そしてまたホットペッパーCMを思い出しました。 『ニュー・シネマ・パラダイス【デジタル・リマスタリー版】』オフィシャルサイト ... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 07:18 PM

» 映画鑑賞記「ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo cinema Paradiso)」 [けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ]
鑑賞日:06.01.01 観賞場所:シネ・スイッチ銀座 1989年に公開された伝説の傑作がデジタル・リマスター版として蘇り、期間限定で再上映された。 映画って本当に素晴らしい!(公式HP) <ストーリー>(公式HPより抜粋)なぞるとよく読めます 中年の映画監督サルヴァトーレが夜遅く帰宅すると、彼の留守中、故郷のシチリアにいる母親から電話がかかっていた。アルフレードが死んだ、という伝言だった。 アルフレードという懐かしい名前で、サルヴァトーレの脳裏には故郷のシチリアの村での記憶が、まざまざと... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 07:43 PM

» 感動覚めやらぬまま、寝るとします [のほほん日記]
ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:フィリップ・ノワレ , ジャック・ペラン , アニェーゼ・ナーノ , サルヴァトーレ・カシオ , マリオ・レオナルディ , ブリジット・フォ....... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 08:11 PM

» ニュー・シネマ・パラダイス [あ~るの日記@ココログ]
映画『ニュー・シネマ・パラダイス』を観た。 今年最後の映画は、デジタル・リマスター版による『ニュー・シネマ・パラダイス』を観た。この映画、泣ける映画として有名だが僕もこの映画を観るたびに泣いてしまう。特に、はじめて見た時はテレビだったにも拘らず、ぼろぼろ泣いてしまった。その後も、映画館やDVDで何度も観ていが、その都度泣いてしまう数少ない映画だ。泣ければ良いわけじゃないが、感動を与える映画には違いない。今回も、ラスト近くトトが故郷を後に旅立つ辺りから目頭が熱くなってきた。ラストで、アルフレードからの... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 08:26 PM

» ニュー・シネマ・パラダイス [デジタル・リマスター版] [あしぇふ NOTE]
「今までで一番良かった映画は何?」 答えに窮する質問に、それでも何度か挙げていた ニュー・シネマ・パラダイス。 挙げてはいたけれど、観た回数も少ないし、スクリーンで観た事すらなかった。 デジタル・リマスター版として、シネスイッチ銀座にて上映すると知ってから..... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 09:10 PM

» ニュー・シネマ・パラダイス 公開決定! [R-patrol ~新しきぼくの光と道~]
ぼくの心のベストテン第1に輝く映画、 ニュー・シネマ・パラダイス が大阪に来ます! もう大興奮です! 梅田のガーデンシネマ で1月4日から10日間、 1日に2回だけの上映ですが、なにがなんでも行きたい。 この映画は、ぼくが10代半ばの頃どこの映画館かは忘れま... [Read More]

Tracked on January 09, 2006 at 11:05 PM

» 2006年の目標 [柴田祥の金沢八景芸術祭]
1月1日、元旦。 やはり、2006年の目標を立てなくては、 ということで、今年の [Read More]

Tracked on January 10, 2006 at 03:31 AM

» ニュー・シネマ・パラダイス [Bono's Talk!]
『映画から夢が広がった大切なぼくの宝箱。』 シチリアの小さな村にある映画館、パラダイス座。 親の目を盗んでは映画館に通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて、映写技師のアルフレードと心を通わせるようになり、、映画に魅せられて彼は大人になってゆく・・。初恋、兵役を経て成長し、映画監督として活躍するようになった彼のもとに、アルフレードの訃報が届く。シチリアでの少年時代を懐古しつつ、彼は30年ぶりに故郷の地を踏んだ・・... [Read More]

Tracked on January 13, 2006 at 12:32 AM

» 大画面でもう一度 [クロニクル・マイ・ライフ]
[Read More]

Tracked on January 15, 2006 at 11:13 PM

« The 17th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra | Main | STICK Bowl VI ~ Kanagawa vs. Tokyo A »