« Christmas Bowl XXXVI ~ Keio High Unicorns vs. Osaka Sangyo Univ. High Fightin' Angels | Main | Nuovo Cinema Paradiso »

December 26, 2005

The 17th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra

kieo_high_logo2本日26日は、去る24日の寒風吹き荒ぶ終始日陰の味の素スタジアムのメイン・スタンドにいおいて、第36回クリスマス・ボウルで塾高ユニコーンズの”We are No.1”実現への応援で常に熱い演奏を繰り広げてくれた塾高吹奏楽部の第17回定期演奏会が開催された。場所は、都立大駅から近い「目黒パーシモン・ホール」というなかなかお洒落な会場である。先日、会場を急遽変更せざる得なかった塾應援指導部の定期演奏会場の文京シビック・ホールよりも音響的には遙かに良いホールであった。

PICT0008塾高吹奏楽部の皆さんには申し訳ないのだが、彼らの応援歌・チャンスパターン以外の演奏を聴くのは恐らくこれが初めてである。今年は野球部の夏の甲子園目指しての大活躍で応援演奏の合間を縫ってのタイトなスケジュールにも関わらず、3年連続で吹奏楽コンクールの神奈川県大会で金賞を受賞し、見事東関東大会に出場したことは特筆に値する快挙と言えよう。ただ、最近の部員の皆さんのサイトを拝見していると定演にむけて演奏曲を纏め上げるのに大分苦労している様子が伺え、一抹の不安はあった。しかし、実際に会場での演奏を聴いた限りでは、これは単なる杞憂にすぎなかった。吹奏楽部も、日頃の練習を糧に土壇場に追い込まれてからの頑張りと本番に強い度胸・要領の良さを兼ね備えた塾高生であった。ホントにお見事!

PICT0017凱旋門にたなびくトリコロールの映像をバックにサキソフォンをあしらったプログラムの表紙がとっても良いセンスである。これは恐らく、コンクールに持っていった「巴里の幻影」をイメージしたものであろうと思われる。「East Coast」は確か今年の早稲田大学応援部吹奏楽の定演でも取り上げれた曲であった。近頃珍しい男の子だけの吹奏楽(塾高だから当たり前だが、一般的には高校の吹奏楽部は女の子がメインの部活になっている)なので、力任せの演奏かと思いきや意外にも(失礼!)特に第2部では抑えるべきところは抑えた繊細なサウンドも聴かせてくれた。勿論、男子ならではの力強いブラスのブローや迫力あるパーカッションを楽しむことができた。

PICT0076 PICT0082
PICT0094 PICT0097


応援アトラクションは、應援指導部の大太鼓が張り切り過ぎて、大学の應援指導部の定演のときのようにスマートで華麗という訳には行かなかったが、元気いっぱいの若さは確かにあった。ただ、店主の場合は塾生時代の刷り込みためか、正直言って座ったまま塾歌を聴くというは何とも居心地が悪かった。塾歌とは非常にセレモニアルな曲であり、プログラムの途中に演奏するのは如何にも座りが悪い。個人的な経験ではあるがかつて酒席などで塾歌が歌われた記憶は全くないし、ここは若き血までに留めておいた方が良かったような気がする。

PICT0111 PICT0114
PICT0115 PICT0116


演奏する側の想いは知る由もないのだが、第3部が最も楽しめた。可愛いかったり、怪しかったりしたコスチュームはともかくとして、ここでの演奏にはヴァイタルでスポンテニアスな輝きがあった。時として吹奏楽というよりはビッグ・バンドの香りを感じさせる瞬間があり、ハートフルなソロもありジャジーなフレイヴァーを楽しむことができた。これがこの代だけの特徴なのかどうかは良く解らないが、今後も塾高吹奏楽サウンドの一つとして継承・発展させてもらいたものである。

PICT0123 PICT0147
PICT0151 PICT0152


客席には、上田監督をはじめとして、既に引退した漆畑くん、小関くんや現役の新谷くんなど野球部の面々が多数駆けつけていた。この吹奏楽部のスタンドからの後押しで野球部にはアメフト部に続いて、甲子園は勿論のこと日本一を目指してもらいたいものである。そして、塾高吹奏楽部にはコンクールでの更なる上を目指しての健闘を祈りたい。Be ambitious!




|

« Christmas Bowl XXXVI ~ Keio High Unicorns vs. Osaka Sangyo Univ. High Fightin' Angels | Main | Nuovo Cinema Paradiso »

Comments

トラックバック、そして、ご来場、
ありがとうございます!
応援指揮をしておりました、後藤という者です。
『大太鼓が張り切り過ぎて』しまったのは、
どうもぼくのミスらしく、
援部には大変申し訳ないことを致しました…。

とても丁寧に聴いていただいて、
奏者として喜ばしい限りです。
素晴らしいレビューも、
楽しみながら拝見させていただきました。
これからも部員一同がんばって参りますので、
どうぞよろしくお願いします。

Posted by: ごとう | January 01, 2006 at 11:39 PM

後藤さま

コメントありがとうございました。

定演、ほんとうにご苦労様でした。内容に関しては、more than expectedでここまでやるかと、正直吃驚しました!

大学の應援指導部の定演では華麗なドリル・ステージのアンコールというかたちで応援アトラクションが行われたので、いやが上にも盛り上がりましたが、今回も決して悪くはなかったです。ただ、あのフォーマットでは塾歌は必要なかったと思います。あくまで個人的な考えですが、もし塾歌を演奏するのであれば、聴衆に起立を求めて演奏会の冒頭にやる方が良いと思います。

素晴らしい演奏を聴かせていただき、本当にありがとうございました。

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | January 02, 2006 at 10:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/7941016

Listed below are links to weblogs that reference The 17th Regular Concert ~ Keio High Wind Orchestra:

» もうひとつの甲子園 〜塾高吹奏楽部定期演奏会 [ポポのがんがれ日記]
慶應義塾高等学校吹奏楽部第19回定期演奏会のお知らせ◇日時:12月27日(木) 16:30開場 17:00開演◇場所:昭和女子大学人見記念講堂(東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩8分)http://www.swu.ac.jp/common/access.html◇曲目:・オリエント急行/P.スパーク・Riverdance/B........ [Read More]

Tracked on December 18, 2007 at 11:18 PM

« Christmas Bowl XXXVI ~ Keio High Unicorns vs. Osaka Sangyo Univ. High Fightin' Angels | Main | Nuovo Cinema Paradiso »