« Une aussi longue absence | Main | Take me out to the snowland ~ epilogue »

February 28, 2005

Bei Mir Bist Du Schoen

martha_tilton先日、友人からベニー・グッドマンの「シング・シング・シング」の録音を貸して欲しいと尋ねられたので、手持ちのCDの中から久しぶりに1938年のカーネギー・ホール・コンサートのライブを聴いてみた。

この録音はカーネギー・ホールで行われた初めてのジャズ・コンサートの記録であり、当時のスター・プレイヤーが一同に会して繰り広げられた伝説的名演の数々はつとに有名である。これらに関してはここでご紹介するまでもなく他のサイトをご覧頂くとして、ここで取り上げるのは当夜”Loch Lomond”と”Bei Mir Bist Du Schoen”を歌ったMartha Tilton

彼女はジミー・ドーシー楽団でキャリアをスタートし、グッドマン楽団に彩りを添えたHelen Wardを初めとしたヴォーカリストの一人であり、Big Band Eraの典型的なバンド付き女声シンガーであった。Jo Stafford、Peggy Lee、Lena Horne、Anita O'Day、Dinah Shoreなど、その後ソロ・シンガーとして活躍しポピュラー音楽の歴史にその名を刻んだ歌い手達もいたが、バンド付きシンガーの大半はBig Bandというフォーマットが人気の下降線と辿ることと軌を一にして”過去の人”となっていった。残念ながら、Martha Tiltonは後者の一人といえよう。

当時、彼女はグッドマンがやっと巡り会えた”Best Fit”のシンガーと称えられていたようだが、個人的好みでは人を惹きつける魅力ある歌唱力を持ったヴォーカリストであったとは感じられない。当時の主役はスウィング・バンドの演奏そのものであり、基本的にはヴォーカリストの存在は一夜のプログラムのアクセント程度の位置づけだったようである。特に、女性ヴォーカリストの場合は舞台の”景色の良さ”に貢献したことと察せられる。(politically NOT correctな表現、平にご容赦)

タイトルの”Bei Mir Bist Du Schoen”(素敵なあなた)はかつてThe Andrews Sistersが歌ってスマッシュ・ヒットを飛ばした曲で、元々はユダヤに伝わるフォークダンスにルーツを持つメロディらしい。Martha Tiltonは思いっきり”英語訛り”で淡々と歌っているのが何とも微笑ましい。

この曲を聴くと(ホントはその逆だったのだが・・・)、何故か中原めいこの『君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。』のメロディをふと想い出してしまう。





|

« Une aussi longue absence | Main | Take me out to the snowland ~ epilogue »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/3111278

Listed below are links to weblogs that reference Bei Mir Bist Du Schoen:

« Une aussi longue absence | Main | Take me out to the snowland ~ epilogue »