« Not Lost in Translation | Main | Obituary ~ Sacha Distel »

July 24, 2004

Obituary ~ Serge Reggiani

俳優であり歌手であったセルジュ・レジアニ(Serge Reggiani)が7月22日にパリの自宅で心臓麻痺で亡くなった。1922年5月3日イタリアのレッジオ・エミリオ生まれであるから享年82歳。

Biography - SERGE REGGIANI(RadioFranceInternationale)
Serge Reggiani, la lumière de "l'Italien" s'est éteinte(Le Monde)

serge_reggiani.jpg

レジアニは一家とともにフランスに移住し、パリで少年時代を過ごし長じて演劇学校で演技の修行を積み、既に戦前から役者として舞台や映画に出演していた。イヴ・モンタン夫人であったシモーヌ・シニョレと共演した『肉体の冠』で映画俳優としての名声を不動のものにした。シニョレとの友情は彼女が亡くなるまで続いたと言われている。

ある晩、シニョレ邸でボリス・ヴィアンの歌をあまりに見事に歌い、それを有名なプロデューサであるジャック・カネッティが聞きつけレコードを吹き込んだのが、彼が歌手の道を歩んだきっかけである。40歳を過ぎての歌手デビューである。

その後、バルバラを主役としたボビノ座に出演し聴衆には熱狂的に迎えられた。成功の要因はその時のジョルジュ・ムスタキ作品との出会いであると言われている。その後、ムスタキ、ヴィアン、ジャン=ルー・ダバディ(トルシエの通訳の父親)の作品を取り上げ「大人の歌手」としての地位を築いていった。

彼の歌手生活に大きな影響を与えた息子のステファンに関しても触れておきたい。ステファン・レジアニはセルジュと彼の最初の妻、女優ジャニーヌ・ダルセイとの間に長男として1945年に生まれた。当初、ジャズやアメリカのフォークソングを興味を持っていたステファンは、自らも作曲に手を染めるようになり、パリの左岸で歌い始めた。レンヌのシャンソン・コンクールで優勝をして、本格的な歌手活動をはじめた。

71年にはジュリエット・グレコの前座としてオランピアへの出演も果たし、74年にはボビノで父親とのジョイント・コンサートも開催した。しかし、80年7月にステファンは謎の自殺を遂げてしまい、これがセルジュにとっては大きなショックとなり外界との接触を断ってしまった。イタリアの映画監督エットーレ・スコラがやっとのことでレジアニを担ぎ出し、81年5月にはオランピアのステージに立った。しかし、84年のオランピアのステージで「パリの狼たち」という曲を歌い始めたとたん立ち往生してしまい。そのまま舞台裏に引っ込んでしまった。

その後、彼は再び舞台で歌うことはもうないであろう思われていたが、89年にオランピアの舞台に返り咲いた。

そのきっかけはともかく、役者の余技と呼ぶには彼の歌はあまりに立派であり、渋い大人の男の歌を聴かせてくれた。

何故か、シャンソンの男声の大歌手には以外に外国人が多い。レジアニ(イタリア人)をはじめとして、モンタン(イタリア人)、ムスタキ(ギリシア人)、ブレル(ベルギー人)、アダモ(イタリア人)、レオ・フェレ(モナコ)は外国出身である。フランス人といえば、ジャック・ドゥーエ、ジョルジュ・ブランサンス、シャルル・トレネ、モーリス・シュヴァリエあたりか?

|

« Not Lost in Translation | Main | Obituary ~ Sacha Distel »

Comments

レジアニは残念だったですね〜。
彼の歌をブログに載せようと思ったのですが、LPでしか持っておらず、叶いませんでした。
合掌。

Posted by: 余丁町散人 | July 24, 2004 at 09:40 PM

コメントありがとうございます。

40を越えて歌手デビュー、流石フランスですね。

もっとも、フランスの役者修業は演技は勿論のこと、ダンス、発声、発音などを徹底的に叩き込まれるそうですから、こんなことも可能なんでしょうね。

Posted by: Flamand | July 25, 2004 at 03:12 AM

レジアニは渋い歌手でしたが、妙に印象に残る歌手でした。

ヴィスコンティ映画祭が10月8日~18日に東京・有楽町朝日ホールで開催されます。
http://www.asahi.com/event/visconti/

レジアニが歌手デビューする少し前に出演した「山猫」はこの映画祭の後、10月下旬から新宿「テアトル タイムズスクエア」でも上映されるとのことです。私が昔観た「英語・短縮版」ではなく、「イタリア語・完全復元版」で映像も鮮やかに再編集されたようです。何十年ぶりに再び見てみようと思っています。3時間7分の大作です。
http://www.crest-inter.co.jp/yamaneko/index2.html

Posted by: msuisei | September 26, 2004 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/1039808

Listed below are links to weblogs that reference Obituary ~ Serge Reggiani:

» フランス焼酎「パリ野郎」! [パリノルール blog]
焼酎好きから聞き、調べてみました。 パリ野郎↓ 「エリート・ビジネス戦士のための酒の魂のような高級酒」だそうです。... [Read More]

Tracked on October 05, 2004 at 03:20 PM

« Not Lost in Translation | Main | Obituary ~ Sacha Distel »