« Obituary ~ Serge Reggiani | Main | Ease of Use »

July 25, 2004

Obituary ~ Sacha Distel

フランスの芸能関係の訃報が続く。ギタリストであり歌手であった、サッシャ・ディステル(Sacha Distel)が7月22日サント・ロペで亡くなった。享年71歳。死因は甲状腺と皮膚の癌だったらしい。

Sacha Distel, c'était la belle vie(Le Mond)
Sacha Distel, Entertainer Who Was Awarded Legion of Honor, Dies at 71(N.Y.Times)
ADIEU SACHA DISTEL(RadioFranceInternationale)

サッシャ・ディステルはロシア革命を逃れてパリに来た父、レオニーヌとコンセールヴァトワール出身のピアニストの母、アンドレエの間に1933年に生まれた。少年時代、隣に住んでいた大スターであったアンリ・サルヴァドールの影響でギターに取り憑かれ、直接彼の手解きも受け、仲間とバンドを組んで活動していた。

afternoon_in_paris.jpg

その後、サン・ジェルマン・デ・プレのクラブで本格的な演奏活動に入り、母方の叔父である高名なバンド・リーダであった、レイ・ヴァンチュラの出版関係の仕事もするようになり、音楽関係者との接触をするようになった。ディステルは若くしてジャズ・ギタリストととしての名声を確立し、訪仏するアメリカのジャズ・メンとの共演をするようになり、ライオネル・ハンプトンとのレコーディングも行った。後年、彼がヴァルネ・ウィランとともに参加した、MJQのジョン・ルイスとのアルバム『Afternoon in Paris』は、現在ではジャズのクラシカルな名盤としての誉れ高い作品である。

distel.jpg

1955年ギタリストとして、オランピアにも出演を果たした。写真を御覧になれば解ると思うが、彼はとにかくモテた。ジュリエット・グレコ、ダリル・ザナック、ジャンヌ・モロー、ブリジット・バルドーなどとのアヴァンチュールで浮き名を流した。彼の歌手デビューは、やはり叔父のヴァンチュラがヴェルサイユ・レコードを設立に際してそのディレクタに就任したのがきっかけとなった。

最初の大ヒット『スクビドゥ』でいわゆるシャンソンというよりは、ポップスのスターとして認知され、その後もユーロヴィジョン・コンテストなどに出場し不動の地位を確立した。元々、ジャズ・ギタリストであったため、彼の歌はビング・クロスビー、フランク・シナトラの路線を踏襲したクルーナーであり、当時世界的に流行したボサ・ノヴァなども積極的に取り上げた。

distel.gif

62年には”サッシャ・ショウ”というテレビの長寿番組もスタートし、いわゆるフレンチ・ポップス全盛期を前にして、フランスの御婦人達のアイドルになった。彼の歌は、粋で洒落ており、いかにもフランスのプレイ・ボーイは斯くありといった風情を感じさせる。傍目から見る限り、彼の人生は正に”C'était la belle vie”(It was the beautiful life)であったようだ。



|

« Obituary ~ Serge Reggiani | Main | Ease of Use »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/1043220

Listed below are links to weblogs that reference Obituary ~ Sacha Distel:

» 黒木瞳&岡田准一主演純愛映画パリで撮影 [パリノルール blog]
←ミレーヌ・ドモンジョと黒木瞳 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200409/gt2004090303.html http:... [Read More]

Tracked on September 05, 2004 at 10:03 AM

« Obituary ~ Serge Reggiani | Main | Ease of Use »