« A good-looking soprano who died before her time | Main | A singular day »

June 10, 2004

Japan vs. India

昨日のW杯1次予選の対インド戦は評論家諸氏の予想を上回る7対0の大勝利、ご同慶の至りである。我が代表チームであるが、相手は殆どプレスをかけてこないし、高い位置でボールを奪えるので、はっきり言ってワンサイド・ゲームとなった。テレビ観戦ではあるが、福西の動きが良く見えた。

さてインドであるが、はっきりと格上の相手にあの戦い方は無いでしょうという感じで、ノンシャランと自分たちのサッカーをやって実力通りに大敗を喫した。代表チームに対して失礼とは思うが、まるで天皇杯の早い時期の試合を見ているような錯覚に陥った。

ところで、対イングランド戦でも心配していた我がリリコ・レッジェーロであるが、体調も気分も良かったと見えて上々のパフォーマンスを見せてくれた。だた、試合後の彼のインタヴュを聞いて気になったのは、この子の問題はテクニックとか体調ではなくその性格にあるのでは?と勘ぐってしまった。チーム・スポーツにはあまり向いていない性格なのかもしれない。以前、某サッカー番組で彼がレッジーナで試合に出られずクサっていた頃、インタヴュで口をついて出てくるはチームメイトに対する愚痴ばかりであった。

なんとなく、変人トルシエが彼をW杯で選ばなかったホントの理由が見えてきたような今日この頃である。


追伸:

10,000番のキリ番プレゼントは、該当者の方からのお申し出がありませんでした。改めて粗品進呈は11,111でアクセスされた方とさせて頂きます。該当者の方はプロフィールのメール送信からご連絡ください。

|

« A good-looking soprano who died before her time | Main | A singular day »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/742550

Listed below are links to weblogs that reference Japan vs. India:

» ニッポン代表vsインド代表、W杯ドイツ大会一次予選 [CLASSICA - What's New!]
●ふー。埼玉スタジアムより帰還。遠い。 ●試合は7-0で完勝。大量得点無失点なんだから文句なし。これまでの苦戦した2戦となにが違うかといえば、たぶん準備期間。欧... [Read More]

Tracked on June 10, 2004 at 02:08 AM

« A good-looking soprano who died before her time | Main | A singular day »