« Frau De Kowa-Tanaka ~ その3 | Main | FIFA Centennial Match ~ France vs. Brazil »

May 21, 2004

Frau De Kowa-Tanaka ~ その4

<<< Frau De Kowa-Tanaka ~ その1
<<< Frau De Kowa-Tanaka ~ その2
<<< Frau De Kowa-Tanaka ~ その3

本書(ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌)は当然ながら田中路子の生涯(彼女が亡くなる約10年前まで)と彼女が過ごした時代状況を織り交ぜながら執筆されたものだが、個人的には路子本人以上に印象に残ったのが、彼女の最初の夫であったユリウス・マインルの人生観である。

路子が過去を振り返って語ったことであり、それなりに美化されているとは思われるが、ナチの台頭や独墺合邦時のマインルの物の考え方や振る舞いには全くブレがない。ヒトラーからのユダヤ系のヴィーン・ロスチャイルド家に対抗できる財界人としての協力要請もきっぱりと断っている。ナチ勢力が抗える相手ではないと知りつつも、友人であったユダヤ系文化人たちへの助力を惜しむことはなかった。ヴィーン文化というものが旧ハプスブルク帝国の諸民族の多重多層的な文化が結実した産物であり、ユダヤ系文化人がその重要な一翼を担っていたことを熟知した人であった。

事実、1933年5月10日二人はベルリンのホテル・アドロン(近年、ケンピンスキーによって再開)に滞在時、ウンター・デン・リンデンのオペラ広場であの有名な「焚書事件」を目撃した。路子は「その時、マインルのこんなに恐ろしい形相をこれまで見たことがなかった」と語っている。

1936年頃から時代も路子の私生活も風雲急を告げる状況となっていく。彼女は劇作家カール・ツックマイヤー(Carl Zuckmayer)と「灼熱の恋」に落ちる。元々行動の自由はマインルから保証されていた路子ではあるが、流石にヴィーンでの人目を憚ってかブルージュなどヨーロッパ各地で逢瀬を重ねていた。路子27歳、ツックマイヤー40歳のときであった。彼女はやっとマインルとの『約束』の条件を満たす相手が現れたと考えたようだった。しかし、ツックマイヤーの方は関係が冷え切ってはいたが妻との離婚に踏み切れず、結局路子は結婚を諦めることになる。

この時期、彼女はオリエンタル趣味のオペレッタ『ゲイシャ』、『ジャイナ』などに出演して成功を収め、ロンドンのナイト・クラブ『カフェ・ド・パリ』やBBC放送などでも歌っていた。これに目を付けたフランスの映画会社から路子を主演とした映画の企画が持ち込まれる。これはモーリス・デコブラの小説『ヨシワラ』の映画化であったが、当時日本で公開もされず内容の詳細も伝わっていなかったが、一部の筋から「国辱映画」と呼ばれる羽目にあった。

路子はこの『ヨシワラ』でハリウッドでの映画出演経験のある早川雪舟と共演することになった。ツックマイヤーとの経緯もあり、間を置かず彼女は早川との恋に落ちる。これは、兼がねマインルが国際結婚は難しく出来れば信頼に足る日本人が路子の相手に相応しいと考えていたことにも一因があったようだ。パリでの同棲生活に入るが、この二人の関係は、後年彼女が「人生の最大の汚点」と述懐していたように、3ヶ月ほどしか続かなかった。

破綻の原因は早川側にあったようで、路子は詳しく語っているがここでは敢えてご紹介することは差し控える。それは、路子の一方的な言い分であって、現時点でも日本語でネット上に公開するには若干躊躇せざるを得ない内容で、この廃刊本のなかに閉じこめておいた方がよいのでは?と勝手に判断したからである。

その後、ベルリンに居を移した田中路子は、二度目の結婚をするヴィクトール・デ・コーヴァ(Victor De Kowa)と巡り逢うことになる。

  Frau De Kowa-Tanaka ~ その5 >>>

|

« Frau De Kowa-Tanaka ~ その3 | Main | FIFA Centennial Match ~ France vs. Brazil »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/631870

Listed below are links to weblogs that reference Frau De Kowa-Tanaka ~ その4:

« Frau De Kowa-Tanaka ~ その3 | Main | FIFA Centennial Match ~ France vs. Brazil »