« Polar Music Prize 2004 | Main | Frau De Kowa-Tanaka ~ その6 »

May 27, 2004

Campeão Europeu ~ FC Porto

<fc_port.png

チャンピオンズ・リーグのQuarter-final終了時のエントリ(Big surprises!!)で「期待」していたFCポルトが昨年のUEFA Cupに続いて優勝を果たした。

     ASモナコFC 0 vs. 3 FCポルト

今年の決勝戦は金持ちビック・クラブ・チームが次々とコケていくなか、まるでUEFA Cupか?という感じのジミーな2チームの顔合わせとなった。

試合開始直後から中盤でボールを奪うと一気に攻めあがるASモナコに勢いがあった。あわやという場面も何度かあったが、後にこのタメのないモナコの攻撃は面白いように、ポルトDF陣のオフサイド・トラップに引っかかる。

そのうちポルトはドリブル突破、カウンターと狙い澄ましたように危険な攻めを繰り出す。前半終了前に、アルベルトのゴール前からのボレー・シュートでポルトが先制点。この得点で、ポルトの勝利を予感した。後半の追加点はいずれもカウンター攻撃から生まれた。

モナコはキャプテン、ジュリの怪我によるリタイヤとモリエンテスを機能させることが出来なかったことが攻撃の幅を狭める原因になった。

高いボール支配率を梃子にゲームを勝ち抜いてきた来たプレイ・スタイルのポルトであるが、この決勝戦はこれまでの戦術を大きく転換し「点を与えない」サッカーに徹した。個人技、チームとしての熟成度では明らかにポルトに分があり、「大人のサッカー」が出来たという意味ではモナコよりも1枚も2枚も上手であった。

本人は理由は未だに分からないが、以前ヨーロッパで「Portuguese?」と間違えられた経験が何度かある(因みに、ポルトガル語は全く解さない)。

ということで、ヴィンテージ・ポルトで乾杯!


|

« Polar Music Prize 2004 | Main | Frau De Kowa-Tanaka ~ その6 »

Comments

私も昔主張していましたよね、東京で。
店主さま=ポルトガル人説
やっぱり、本場でもそう思う人が多いんだ。。。

Posted by: ガーター亭亭主 | May 28, 2004 at 10:24 PM

あれま、生きてたの?もとい、お仕事ご苦労様ですm(_ _)m

本場といっても、ポルトガルに行ったことは御座りませぬ。
リスボンあたりで、"Meu compatriota!"(正しいのかな?)なんて呼ばれれば、それなりに覚悟はしますが・・・(^^ゞ。

Posted by: Flamand | May 28, 2004 at 11:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/664647

Listed below are links to weblogs that reference Campeão Europeu ~ FC Porto:

» ポルトvsモナコ@チャンピオンズ・リーグ決勝 [CLASSICA - What's New!]
●うまく時間をとれず、ようやく録画を見ることができたチャンピオンズ・リーグ決勝。ポルトは名門クラブであってもビッグ・クラブではない。モナコは金持ちクラブだがビッ... [Read More]

Tracked on May 28, 2004 at 11:34 PM

» 夢はついえた [ガーター亭別館]
チャンピオンズリーグの結果は、当地のファンにとっては 残念なものであった。もちろ [Read More]

Tracked on May 29, 2004 at 04:57 AM

« Polar Music Prize 2004 | Main | Frau De Kowa-Tanaka ~ その6 »