« DE BEERSも真っ青? | Main | Chinese?Korean?Japanese? »

February 19, 2004

The Glory of Cremona

Strad.の話題あれこれ」のおまけ。

the_glory_of_cremona.jpg

40年くらい前であろうか?(流石にそんな昔のことは、リアルタイムの記憶はない!)ルッジェーロ・リッチが15本のクレモナの銘器(アマティ、ストラディヴァリウス、グァルネリ、カルロ・ベルゴンツィなど)を集めて録音したLPがあった。

おまけとして、ブルッフのコンチェルトの冒頭部分を15本のヴァイオリンで弾き分けた17cmLPが付属していた。ジャケットでは、DECCAとなっているが、米Decca(MCA)の録音である。

発売当時、かの「レコ藝」の批評ではヴァイオリンはアウアー門下のロシア脱出組にあらずんばの風潮が支配していた時代らしく、イタリアのヴァイオリニストの際物などハナもひっかけられなかったとか。このLP、CD化されたはずだがAmazonでは見つからなかった。

リッチ師匠、この手の企画に余程思い入れたがあったと見えて、後年現代のクレモナの名匠たちの楽器を集めて、「The Legacy Of Cremona 」(U.S.のAmazonのサイトは写真が無いので、UKサイトへ)を録音。これには、かなり立派な解説ブックレットが付いている。

|

« DE BEERSも真っ青? | Main | Chinese?Korean?Japanese? »

Comments

はじめまして。

>「The Legacy Of Cremona」

にふと目が止まりました。
当ブログでもページ中ほどでストラディヴァリ
関連情報を扱ってます。よかったらトラックバ
ックいただけると幸いです。てぃーや&まーや

Posted by: 0 1/2 | July 23, 2004 at 07:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/212263

Listed below are links to weblogs that reference The Glory of Cremona:

» 『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲「作品35」』 [0 1/2 ]
JANINE JANSEN&35 『チャイコフスキー:ヴァイオリン [Read More]

Tracked on July 23, 2004 at 07:39 PM

« DE BEERSも真っ青? | Main | Chinese?Korean?Japanese? »