« 銀座の雀? | Main | ありそうで、ないもの
~プレゼントのご案内~ »

February 26, 2004

小澤征爾 & VPO ~ Pros. & Cons.

ユウスケさんのメメンとモリ@New Yorkでレビューされていた、小澤征爾/ウィーンフィル@カーネギーホールに出発する直前のヴィーンの楽友協会(Musikverein)でのコンサートの評論がDie Presseに掲載されていた。

小澤氏のヴィーンでの評価は、Staatsoperのオペラ公演に関して「賛否」相半ば、ということはこちらのメディアでも時々伝えられている。(昨年の「オランダ人」ではかなりのブーイングを喰らったとか)店主は、彼が振るオーケストラのコンサート評にあまり接する機会がなかったので、ここでご紹介しておきたい。

まず、Pros.の方から、Ein triumphaler Schönberg für New YorkというタイトルのGerhard Kramerの記事。タイトルからも容易に推察できる通り、ニューヨーク&東アジア・ツァーの成功への期待感を込めて、ご祝儀?という感じで「ドン・ファン」、「ペレアスとメリザンド」ともに讃辞を呈している。特に、Thomas Quasthoffの歌うマーラーの「リュッケルトの詩による歌曲」は、明瞭なディクションで知・情・意そろった理想的なキャラクターバリトンで、小澤&VPOは繊細かつ透明感のあるバックアップをした、とほぼ絶賛。

次は、Cons.に。この記事を遡ること3日前の同じくDie PresseにBevor ein Orchester seine Koffer packt(オーケストラがスーツケースをパッキングする前に?)と題して、Wilhelm Sinkoviczが寄稿している。

こちらのプログラムは、「ドン・ファン」とJ.S.バッハの「音楽の捧げ物」からウェーベルン編曲「6声のリチェルカーレ」、ブルックナーの2番のシンフォニー。元々のベルクの「ヴォツェックの断章」が、歌うソプラノが見つからなかったため、「ドン・ファン」に差し替えられたらしい。

Sinkovicz氏は以前から小澤氏には、厳しい批評をしているらしいが、ここでも指揮台での漫画チックで派手な動きでオケを煽っていることやリハーサル不足を批判している。「ドン・ファン」に関しては、響きが厚ぼったく(表現が?)薄っぺらと批判が続く。

ブルックナーのシンフォニーにいたっては、いくら休止が多い曲とはいえ、小澤氏は曲をバラバラにしてしまった、と言わんばかりである。(まっ、ブルックナーに関しては店主にとっては、ど~でもいいことだが・・・)

店主はどちらのプログラムも実際には聴いていないので、両氏の見解のうちどちらかの肩を持つというわけにもいかない。

店主がこれまで幾度か接した小澤氏の演奏に対する感想は、縦合わせにやけに神経を使った、と印象が強く特別に感動・感心した記憶はない。(店主好みの)オペラを振る指揮者ぢゃないな、と勝手に判断していた。

最後にお断りしておくが、店主のドイツ語読解能力は、大学2年生時をピーク(というほど実際には高くなかった)に、その後ゼロのラインに向かって急降下をしている。脳力の低下も伴い、間違って解釈している可能性も否めず、その際は平に平にご容赦のほどを。正しい内容は、リンク先の原文を参照してくださるよう切願するものである。

|

« 銀座の雀? | Main | ありそうで、ないもの
~プレゼントのご案内~ »

Comments

実は生オザワ初体験でした(笑。

>元々のベルクの「ヴォツェックの断章」が、歌うソプラノが見つからなかったため、「ドン・ファン」に差し替えられたらしい。
そうでしたか。NY公演のプルチネッラも、もともとヴォツェックの予定が変更になったものでした。

Posted by: ユウスケ | February 27, 2004 at 07:40 AM

「生オザワ」、この表現分かるような気がします。
生で聴くのホントに初めてだったっけか?ってやつですよね(笑。

ワタクシ的には、小澤氏がヴィーンで支持されたから、どう?
けなされたから、こう?ってことは全くありません。

そもそも筋金入りのヘソ曲がりなので(爆、
所謂「本場」の聴衆が「ブラヴォー」飛ばしていても、
何で、なんで、ドシテ?という体験が、ままありましたので・・・。

Posted by: Flamand | February 28, 2004 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17025/236632

Listed below are links to weblogs that reference 小澤征爾 & VPO ~ Pros. & Cons.:

« 銀座の雀? | Main | ありそうで、ないもの
~プレゼントのご案内~ »